断捨離編


先日入手した本です。
まだ半分くらいしか読んでいませんが、少しずつ意識が変わってきてるかな??

片づけない片づけ方

「断捨離」とは”片づけない片づけ方”
とこの本に書いてあります。
片づけの下手な私は、片づける為に例えば押し入れから物を出したら、先ず捨てるものは捨てて残った物を片づける場所を考えます。
最終的には適材適所に片づけをしたい私は、元あった場所に全ての物を戻したくないので、それらの物を片づける場所を探す必要があります。
と言うことは、それを片づけたい場所を作らなきゃいけない。。
ここでいつも行き詰まり、前より散らかった感じになるか、結局元の場所に”とりあえず”戻してしまう事になっていました。
でも、断捨離はとにかく不要な物を捨てればいいんです。
だから悩まない。
ま、何が捨てるべきものなのかを悩むわけですが・・(笑)

主役は自分

断捨離で、物を減らす時には「現在の自分」と物との関係性を考える事が大切なのだそう。
そして、「主役は自分」。
「もったいない」とか「どこに収納するか」というのは、物が主役になっているそうです。
ギュウギュウに詰まった空間に流れを出すために、自分に不要な物を減らす作業をひたすらする事が大切なのです。

毎日の”捨”

と言うことで、この頃は毎日捨てる事を意識しています。
いつか使うかも??と取っておいた、綺麗な空き缶や見る事のない電話帳、着ない服etc・・・
でも、まだまだ物に執着のある私。
「これって使ってないけど、使ってから捨てよう」とか
「まだ使えるかも?」
「これ好きだったんだよね・・」
などと、手に取った物をもう一度戻す作業の多い事(笑)
本にも書いてあるように、明らかにゴミだと自分で思えるものから処分しています。
私には、まだまだ時間がかかりそうですが・・
フリマアプリも使いながら、代謝のいい家を作っていきたいと思います!!
「売れ残ったらどうするの??」これが悩ましい断捨離初心者の私の悩みなのですが・・・( 一一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。